【着眼】革ジャンを色直し!おすすめ方法や色落ちの原因・対策方法も+

革ジャンは色落ちしても色直しできます。

 

おすすめの方法を調べてみました。また色が落ちてしまう原因や対策方法についても紹介します。

 

革ジャンが色落ちする原因って?

 

紫外線

 

 

紫外線は人の肌に有害ですが、革ジャンにも悪影響があります。革に含まれている油分やタンニンが紫外線に当たることによって酸化して変色します。

 

季節に関係なく、外出時に紫外線を浴びれば色落ちのリスクはあります。室内に吊るしておく場合も、窓辺の日の光が当たる場所だと紫外線の影響を受けます。

 

紫外線が当たらない部分は変色しにくいので、部分的に色が濃くなったり褪せたりするので注意が必要です。

 

蛍光灯も良くない?

 

 

革ジャンは、紫外線以外に蛍光灯によっても変色する可能性があります。

 

蛍光灯の光を長時間当たる場所に吊るしておくと、常に光が当たっている部分が色落ちすることがあります。

 

クローゼットの中

 

 

紫外線も蛍光灯の光も当たらないクローゼットの中でも色落ちのリスクはあります。

 

着用すると汗を吸い込んだり雨に当たったりしますよね、クローゼットに保管する時に汗や水分をしっかりと拭き取らないと色落ちする原因になります。

 

バッグのベルト

 

 

革ジャンを着た上にショルダーバッグやデイバッグを使用すると、ベルト部分によって擦れて色落ちの原因になります。

 

さらにデイバッグは背中の部分が密着しているので、汗で蒸れて色落ちするリスクが高くなります。

 

カビ

 

 

湿ったまま保管したり湿度の高い場所に保管しておくと、カビが生えやすくなります。

 

カビを取り除こうとして濡れたタオルなどで拭くことによって、シミになったり色落ちすることがあります。

 

 革ジャンにカビは辛い!おすすめ落とし方3選&臭いやカビ発生防止対策!

 

痛んだ革ジャンを色直し!メリットは?

 

 

長く着られる

 

革ジャンはお手入れ次第で長く着られるアイテムです。色落ちをしても正しくメンテナンスをすれば、劣化を防いでベストの状態で着られるようになります。

 

カビの跡がなくなる

 

カビが生えてしまった場合、カビ取りのメンテナンスでもきれいになりますが、色直しをすればカビの跡が目立たなくなりますしカビ臭さも解消できます。

 

日焼けによる色抜けを回復

 

紫外線の影響で、色素が破壊されてまだらに色抜けをしてしまっても、色直しをすれば色むらのないきれいな状態に戻せます。

 

元の色と全く別の色にすることもできるので、着慣れた革ジャンが生まれ変わります。

 

革の劣化が回復

 

長く着続けていると革の表面が擦れてきます。光沢がなくなり、荒れた感じに見えてしまいます。

 

色直しをして樹脂加工などを施すと、光沢感が戻り革の劣化を抑制する効果があります。

 

傷が目立たなくなる

 

どこかに引っ掛けたりペットに引っかかれたりして傷がついてしまっても、色直しをすれば傷が目立たなくなります。

 

シミが目立たなくなる

 

雨や雪が原因でシミができたり汚れを水拭きしたことでシミになったりしても、色直しで回復できます。シミが濃くても濃い色に染め直すと、ほとんど目立たなくできます。

 

革ジャンを色直しする前にしておくことは?

 

革ジャンの色直しにはいくつかの方法があります。セルフで行う場合には事前にチェックしておくポイントがあります。

 

革の種類の確認:色直しをする方法に適した素材かの確認
ポケット:中身をチェックする
ほこりをはらう:ポケットの中、襟の裏、袖口の折り目など細かい部分までチェックします。柔らかいブラシや乾いた布で払っておきます。ほこりがついていると染むらになります。
破損が無いかのチェック:ファスナー、縫い目に破損がないかチェックします。破損があればあらかじめ修繕しておきましょう。
マスキングテープを貼る:染める必要がないファスナーやボタンなどはマスキングテープを貼って保護します。

 

革ジャンを色直しする方法!おすすめはクリーニング店!

 

染めQエアゾール(1800円〜)で染める

 

おすすめ度:☆☆☆
効果:☆☆☆☆
料金:☆☆☆☆
色落ち:☆☆

 

皮革用の染料を使って染める方法があります。普及している方法は、染めQエアゾールを使う方法です。

 

粒子が細かく革の内部までしっかりと染料が浸透し、一度染めたら色落ちしにくいのが特徴です。

 

スプレー式なので広い部分も染めやすいですが、スプレーを使用する時には換気の良い広い場所が必要なのと均一にスプレーをかけないと色むらになりやすいというデメリットもあります。

 

カラーバリエーションは30種類以上あります。

 

革染め クラフト染料(100cc・366円)

 

おすすめ度:☆☆
効果:☆☆☆
料金:☆☆☆☆☆
色落ち:☆☆☆

 

液体タイプの染料です。スポンジなどを使用して塗り込むタイプです。

 

染料の質は高く耐光性や色付きは良いのですが、塗り方に注意をしないと色むらになりやすいです。

 

広範囲に均一に塗るのはコツが必要です。染料で染めただけでもいいのですが、仕上げにレザーコート(100ml・422円)か必要です。

 

カラーバリエーションは24種類あります。

 

着色補修クリームを塗る

 

おすすめ度:☆☆☆
効果:☆☆☆
料金:☆☆☆☆
色落ち:☆☆

 

一部分の補色に有効です。人気があるのは、フランス製のサフィールカラー補修クリーム(25ml・200円)で全47色あります。

 

スムース革に適したクリームで、傷に塗り込めば周囲となじんで目立たなくするだけでなく、革に栄養を与える効果もあります。もし47色の中にピッタリの色がない場合には、他の色と混ぜて色を作ることもできます。

 

乾いた後には色落ちすることがないので革ジャンにも使えます。

 

少し硬めなので、ユニバーサルレザーローション(1500円)を混ぜると伸びが良くなって塗りやすくなります。靴墨を塗るように塗ればよいのですが、広範囲の補色には向きません。

 

またクリームそのものの色と塗った感じの色とに微妙な違いがあります。色の選択を間違えるとまだらになって取り返しがつかなくなります。

 

クリーニングに出す!

 

おすすめ度:☆☆☆☆☆
効果:☆☆☆☆☆
料金:☆☆☆
色落ち:☆

 

クリーニングは汚れを落とすのが主な目的です。革ジャンを依頼する場合、ほこり、花粉、汗、体指などによる汚れを除去してもらうと、さっぱりして保管時のカビを予防できます。また着用中に染み込んだ臭いも取り除けます。

 

革ジャンは手入れが良ければ長く着られますが、着ている間にはシミがついたり、退色やほつれなどのトラブルも起こります。革製品に精通した技術者がいるクリーニング店なら、トラブルを見極めて適切なケアをしてもらえます。

 

色直しは業務用のカラーを使用し、元の色に合わせたり、まったく異なる色に変えることもできます。

 

革ジャンをキレイに色直しするならクリーニング!

 

いろいろな方法を確認した結果、革に精通した専門家がいるクリーニング店なら最もきれいに色直しできることが分かります。日焼け、擦れ、シミなど、ケースバイケースでケアをしてもらえるというのが理由です。

 

革ジャンの色落ちを防ぐ方法は?

 

 

濡らさない

 

無染色の革は、使い込むと色が濃くなる特性があり色の変化が楽しめます。一方で染色している革製品は、色落ちすることがあるので対策が必要です。

 

色が落ちる原因のひとつは雨や雪で濡れることです。

 

染色が甘い革ジャンは、濡れることで手やショルダーバッグに色移りするので、雨の日は着ないなどして濡らさないことで予防できます。

 

紫外線を浴びない

 

色落ちとは少し意味合いが異なりますが、紫外線にさらすと退色します。

 

例えば日差しが当たる窓辺に吊るしておくと、紫外線が当たる部分と当たらない部分とで色が変わってしまいます。保管する場合は紫外線に注意が必要となります。

 

色落ち止めスプレー「OKIDOKI」をかける

 

色落ちが心配な革ジャンには色落ち止めスプレー「OKIDOKI」(2000円)をかけておくと予防できます。スプレー後は短時間で乾くので、雨の日のお出かけ前にも使用できます。

 

スプレーをしても革の状態には全く影響しないので、革ジャンの風合いを損なう心配がありません。汗、雨、ショルダーバッグによる擦れに対応できます。

 

まとめ

 

 

お気に入りの革ジャンを長く良い状態で愛用するにはマメなお手入れが必要です。

 

たとえ摩擦や色落ちをしても色直しすれば問題はありません。ベストな方法はクリーニング店に依頼することです。

 

 革ジャンクリーニングするならココ!おすすめ5選@料金や口コミも徹底比較